HOME>アーカイブ>4つの種類がある免許で自分の世界を広げよう

車とは異なり距離で分けられる

男性

車やバイク、大型トラックなど運転免許には様々な種類がありますが、船を操縦する時に必要な免許は船舶免許と言います。船舶免許には1級小型船舶操縦士と2級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士や湖川小出力限定免許の4つがあり、船を使用する場所や海岸からの距離で分別されます。1級は総トン数20トン未満あるいは24m未満で航海区域は無制限となっており、外洋の航海も可能な免許です。2級は同じく総トン数20トン未満あるいは24m未満で航海区域は海岸から約9.3km、特殊小型船舶操縦士は水上バイクの運転が可能となり、航海区域は海岸から約3.7kmとなっています。また、湖川小出力限定免許は5トン未満・エンジン出力15kw未満で湖や川の指定された区域で使用できる免許です。

自分の運転で世界が広がる

船上

なお、1級は取得年齢が18歳以上、2級と特殊小型船舶操縦士、湖川小出力限定免許は16歳以上で視力や聴力、色感などをクリアした方が船舶免許の試験を受けることができます。ちなみに船舶免許は小型船舶操縦免許証と呼ばれる国家資格ですので、試験は国家試験となり、身体検査や学科試験、実技試験の合格で得られる資格です。船舶免許を取得しておくと、レジャーや趣味などの幅が広がり、安心・安全に楽しむことができることから人気もあり、免許取得に向けた講習は教室での受講やオンライン受講などシステムも多様で、優秀な講師も多数在籍していてサポート体制も万全です。

国家資格の取得で安全に楽しめる

免許証

船舶免許は船を操縦する際に必要な国家資格です。免許には1級や2級、特殊小型船舶操縦士や湖川小出力限定免許など4つの種類があり、それぞれ操縦できる船と航海区域が異なります。16歳以上、または18歳以上の方が国家試験を受けることが可能で、身体検査や学科試験、実技試験をクリアすれば免許を取得することができます。船舶免許の取得はレジャーや趣味の幅が広がるきっかけにもなり、安心・安全に楽しめるので人気です。学習も、多様な受講の仕方や万全のサポート体制で学ぶことが可能となっています。

広告募集中